アカツキノソラ

TOP > 腕AIM練習中
| |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回腕AIM練習中~腕AIMとは何ぞや~

はい、ついに始まりました始まってしまいました、
第一回腕AIM練習中です。
今回のテーマはずばり、「腕AIMとは何か」です。
では、まずはこれをご覧くだしあ。



これは世界的に有名なFPSゲーム「カウンターストライク」でもトップクラスの実力を誇る、
Sionさんのプレイ中の手元の動画です。
見ていただくとわかるように、(わからないかもしれない)
手首がマウスパッドについてませんね。
これはマウスをつかむようにもち、腕でマウスを動かす「腕AIM」です。
逆に、その言葉を知らない人がたいてい使っている持ち方、
マウスをつまむようにもち、手首の動きで照準を操るのが手首AIMです。
何が違うかというと、まあ、実際は、
環境がそろっていない状態で腕AIMをいきなり行っても意味ないです。
疲れるだけです。
おそらくゲーミングマウスを使用していれば環境的にはまあまあだと思います。
ゲーミングマウスは大きいので自然と腕AIMになるんじゃないかって言うことです。
とは言いつつ、無理やり腕AIMを行っているのが私の現状でもあるんですが。
今度電気やあたりで探して来ようかと思います。
ちなみに腕AIMができるということは、
体全体の姿勢がFPSをすることに相応しい姿勢、
尚且つ自分がもっとも集中してプレイできるスタイルになっているということですから、
ためしに自分がやりやすいと思う姿勢を探してみてはどうでしょうか。

腕AIMの利点
  • 広い範囲でAIMが安定する
  • すばやく相手を狙うことができる
  • 高低差にも強くなる
腕AIMの欠点
  • プレイするときの姿勢から何からすべてを正さないと意味が無い
  • マウスとマウスパッドをゲーム用のものにしないとマウスがうまく動かない
  • 慣れるまでは逆に自分のスタイルが見つからない
いずれの欠点も、環境と自分自身を正せば全体的にFPSが強くなれる要因だと思います。
なんにせよ、AIMを安定させれば一対一の撃ち合いで負けることは減るでしょう。
その状態でヘッドショットも狙えるようになればおそらく完璧です。
千里の道も一歩からといいますように、
小さいことからはじめてみてはどうでしょう。
それでは今回はこの辺で。

尚、記事に書かれていることは自分の経験を元に書いたものであり、
実践するとだいぶ違う結果が出るかも知れません。
まあ、それがFPSの奥が深いところとでも行っておきます(笑)
スポンサーサイト

今日は心身3割程度

今日は腕AIMとはちょっと離れて、
カウンターストライクでもトップクラス中略Sionさんのプレイ動画を紹介します。
とは言っても、ただのプレイ動画ではありませんが・・・。






どうでしたか?
あまりにも画面に顔が近いので、
「こんなんでプレイできねえよ!」って人のほうが多いのではないでしょうか。
ですが、Sionさんの意図にかかわらず、この動画で私が説明したいのは、
プレイヤーの数だけプレイスタイルがあると言うことです。
座布団に座って手首をテーブルの淵に当てている人もいれば、
ベッドにスライド式の机を取り付けて、
その上でプレイしている人もいるかもしれません。
つまりどういうことかと言うと、無理に腕AIMを身につける必要はありません。
そんなことを言ってはこのブログの存在意義はありませんが(汗)
腕AIMとは、それに相応しい周辺の環境が整って初めてその力を発揮します。
だから今まで自分のプレイスタイルを最善としてきた人たちにいきなり腕AIMを進めても、
ぶっちゃけ無理なわけです。
なので、本当に強くなりたいのであれば、マウス、マウスパッドの他にも、
適当な高さの机とイスは不可欠であるといえるでしょう。
その机とイスのほうはサドンアタック攻略ブログさんなどを参考にしてください。
私にはわかりません(汗)


オマケ:ちなみに私は手すりのある座椅子で無理やり胡坐を書いています。
いずれ足の形に影響を及ぼさないか不安です(笑)

燃焼系燃焼系光学式

本日はプロゲーマーにも愛用者の多い、IE3.0(復刻版)についてお話します。
このマウスは、プロゲーマーと言うより、ロウセンシerに人気があります。
要するに大抵のプロの腕にはマッチするわけですが。
個人的な使用感はすばやく動かせて、尚且つ精密な動きにも対応できるマウス
と言った感じです。すばやく動かせると言うのは、カーソルが飛ばないと言うことです。
初期のマウスなどでは、広い範囲を素早く動かすと、
マウス自体がそれを処理しきれなくなって、変な方向を向いてしまいます。
これはセンシが低い状態でプレイしている人にとって致命的です。
なんせ、サッ、と右を向くことすらままなら無いわけですから。
さらに、これはマウスパッドを使用しているからかもしれませんが、
軽く滑らせることも、固定させてわずかな動きをさせることもできます。
まあ、要するにFPSをする上では割とすばらしいってことです。
どうもレビューは苦手です(汗)
詳しいことは下を参照。
OMG WHO KILLED KENNY? (IE3.0)
しおんブログ (低センシがIE3.0を好む理由)

IE3.0以外でゲームにお勧めのマウスを探したい方はこちら
AKIBA PC Hotline (FPSゲーマーfumio薦める「ゲーミングマウスの選び方」 )

魅力的なマウス達が解説とともに載せられています。
高センシに向けたマウスなども載っているので、
自分のなれた設定にあうマウスを探してみるのもいいでしょう。
何より見ているだけでなぜか気分がよくなってきます。
テンションあがります。

感度について

お久しぶりです私です。

 今日はサドンアタックに限らず、どのFPSにおいても使える「マウス感度」について説明します。

 中間をはしょって説明すれば人それぞれなんですが、それじゃあ説明になっていません。

 今回はその中間に重きをおいて説明します。

 マウス感度(以下センシ)の決め方は実はAIMのつけかたとマウス&パッドに依存します。

 もちろんそれ以外にもいろいろ重要なものはありますが。

 たとえば、あまり滑らないレーザーマウスにパッドなしの手首AIMで、

 サドンのセンシを一桁にするのは自殺行為です(もちろんそれでスコアを取れていれば十分ですが)

 そういった場合は基本感度は30、40くらいが望ましいのですが、

 それでは精密なAIMができないそう言う方もいると思います。

 そう言う方はまずマウスとパッドを買い換えましょうセンシを0にします。

 その後少しづつ調整していって、手の動く限界のところで後ろが振り向けるようにするといいでしょう。

 そのセンシにした後、マウスをどのように動かすかはまた別の話ですが。

 ちなみに私はサドンアタックのセンシは1、CSのセンシは1.2、クロスファイア3でやっています。

 そのほかにも稀にやるFPSはありますが、上に挙げたゲーム以外でこの説明が活躍するとは考えづらいので省きます。

 紙男は、うーん、視野角から説明しないといけないから('A`)マンドクセ

 それでは
«PREV | TOP PAGE | NEXT»

最近の記事+コメント

プロフィール

のそら

Author:のそら
☆SuddenAttack☆
Name: 暁ノ空_Dawn_Sky*
Main Weapon: AK,TRG
sensitivity: 3
acceleration: off
crosshair: 1
resolution: 800×600

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
script by WEB Memorandum

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。